鳴沢湖のワカサギ釣り概要!桟橋釣りも釣果まずまず、ファミリーで!

スポンサードリンク

以前、初心者向けにワカサギ釣りについて紹介した時の釣り場の紹介で、最初の頃に紹介した湖の内容が簡略すぎたので、その湖について新たに少し詳しい内容を紹介していきたいと思います。

今回は、10月からワカサギ釣りが楽しめる、群馬県で人気の鳴沢湖について紹介してみたいと思います。

鳴沢湖は、榛名山の東南麓の谷を堰きとめて農業灌漑池として作られたダム湖です。

湖畔の遊歩道や観光ボートなどもあり、冬はワカサギ釣りスポットとして人気があります。

鳴沢湖は、冬でも凍結しないので、釣り方は桟橋からの釣りとボート釣りになります。

桟橋は管理事務所付近から伸びている桟橋での釣りで、ボート釣りは湖面のポイントに張られたロープにボートを係留しての釣りになります。

鳴沢湖の水深は、ボート釣りで一番深い場所なら約17mですが、桟橋での釣りでも約14mあります。

ワカサギの魚影も濃く、解禁から12月ころまでは日によっては桟橋での最高釣果で700~1000匹超もでています。

ただ、10~11月は日によって最高釣果でも数十匹の日もあり安定していないようですが、12月が最も安定して釣果が上る月です。

1月以降は釣果が落ち着いてきていますが、最高釣果で数十匹~200匹超程度でています。

ボート釣りと桟橋釣りの釣果を比較すると、それほど差は無いようですが、今月2月など月によっては桟橋釣りの方がかなり良い釣果になっています。

そんな鳴沢湖でのワカサギ釣りについて、

・ワカサギ釣りの概要
・最近の釣果
・アクセスなど

を紹介してみたいと思います。

駐車場もあり、トイレもあり、レンタル竿、仕掛けや餌もあり、管理事務所から食事の出前も頼めるので便利な釣り場です。

釣り場も桟橋で安全で、釣果もまずまずですので、家族でのワカサギ釣りに丁度いい釣りスポットです。

鳴沢湖のワカサギ釣り概要!便利な釣り場、釣果まずまず!

鳴沢湖でのワカサギ釣りの概要を紹介してみます。

鳴沢湖にある管理釣り場は高崎市の箕郷支所、鳴沢湖釣場管理事務所が管理しています。

ワカサギの釣り方は、桟橋釣りとボート釣りになります。

桟橋釣りとボート釣り、釣果にはあまり差が無いようですので、家族で安全なワカサギ桟橋釣りを楽しむのに丁度いい釣り場です。

しかも、桟橋釣りは2月に入って、ボート釣りの釣果を上回っています。

比較的安定して一番釣れる時期は、12月ですが2月の今でも最高釣果で1日百数十匹~二百匹超でています。

それでは、鳴沢湖のワカサギ釣りについて紹介します。

★鳴沢湖でのワカサギ釣り概要
 場 所:群馬県高崎市箕郷町富岡1639
      高崎市箕郷支所産業課
      鳴沢湖釣場管理事務所
      市公式
       http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121300209/
 アクセス:関越自動車道の前橋インターから箕郷町方面へ車で約30分
 連絡先:鳴沢湖釣場管理事務所 027-371-1124
 駐車場:有り
 トイレ:有り
 期 間:10月~2月
 定休日:火曜、12/29~1/3
 時 間:6時半~16時
 入漁料:高校以上1人510円、中学以下無料 
 釣り料:桟橋釣り1日 高校以上1人1540円、中学以下1人1020円
       〃 半日 高校以上1人1020円、中学以下1人510円
     ボート釣り1日 2050円(2人乗り)
       〃  半日 1540円( 〃  )
 レンタル・餌:有り
      釣り道具類、仕掛け、餌の販売も有り
 食 事:弁当、おにぎり、パン、飲料など持参
     その他、管理事務所から出前注文可。
 注意事項:湖への道路、湖管理事務所周辺はスクールゾーンで平日7時半~8時半
      車進入禁止
      ゴミは持ち帰ること
      他人への迷惑行為禁止
      持ち帰り用のジップロックと発泡ケースは持参
 釣 果:2018年1日の最高釣果(ワカサギのサイズは4~12cm)
        (桟 橋)(ボート)
     2/19   104
     2/18   106   38
     2/17   204   109
     2/16   170   50
     2/15   195   105
     2/14   130   53
     2/12   177   103
     2/11   166   133
     2/10   228   110
     ~2/9  78~222  30~120
     1/下旬  9~191  26~185
      中旬 12~220  35~166
      上旬 40~203  60~205
     12/下旬 87~303  61~318
      中旬 122~375  70~315
      上旬 56~1044  154~500
     11/下旬 236~432  63~500
      中旬 24~600  56~353
      上旬 18~341  56~331
     10/下旬 104~1219 63~475
      中旬 35~235  150~1200
      上旬 72~555  200~900

スポンサードリンク

     ★釣果は、日毎に見ていくと12月が一番いい。
      10~11月は、いい釣果の日と、良くない釣果の日の差が激しく
      釣果が安定しない。
      1月以降は、最高潮かは低どまりながら比較的まずまずの釣果
      で安定していて、2月は桟橋釣りの方が釣果がいい。

ワカサギのサイズは、4~12cmのようですので、小型サイズ~普通サイズが混在しているようです。

小型のワカサギも多くいるということは、仕掛けの針サイズを0.5~1.0号程度の小型用にして、エサのサシも1/2~1/3にカットして小さく付ける必要があります。

小型の仕掛けでないと釣果が伸びない可能性がありますので、重要なポイントです。

また、竿を持参するなら先調子の穂先の柔らかい、小型サイズのワカサギにも反応する竿も釣果アップのポイントになります。

基本道具をレンタルしたり、仕掛けや餌を管理事務所で購入しても、餌をカットする小型のハサミ、座るイスやクッション、釣った魚を入れるジップロックと小型発泡クーラーに冷した保冷剤は持参したほうがいいです。

次の小バケツや大きめのタッパーも含めて、全て100円ショップで揃うものばかりです。

釣ったワカサギは、湖水を入れた小バケツか大き目のタッパーにしばらく入れて胃の中の餌や泥を吐かせてから、ジップロックに入れて保冷剤の入った発泡クーラーにしまいましょう。

そうすることでワカサギの新鮮さを保てるので、生臭さの発生をかなり抑えることが出来て、家で美味しくいただけます。

まとめ

今回は鳴沢湖のワカサギ釣りの概要について紹介してみました。

鳴沢湖でのワカサギ釣りは、10月~2月になります。

なお、時間は朝6時半~16時で桟橋での釣りとポイントのロープに係留してのボート釣りができます。

釣果は桟橋釣り、ボート釣りともにあまり差は無いですが、2月は桟橋釣りの釣果が良いようです。

ワカサギのサイズが4~12cmで大小混在しているので、小型の針の仕掛けと餌をハサミでカットして小さく付けることで釣果がアップします。

ワカサギの鮮度(生臭さを抑える)を保って家で美味しく頂くために、釣ったワカサギはしばらく湖水を入れたバケツか大き目のタッパーに入れて泥を吐かせてから袋に入れて保冷剤を入れた発泡クーラーで冷しながら持ち帰りましょう。

鳴沢湖のワカサギ釣りは、道具類のレンタルやトイレもあり、安全な桟橋釣りで楽しめるので、初心者や家族での釣りに適しています。

今年はあと少しで鳴沢湖でのワカサギ釣りは終了しますが、来年以降桟橋で安全に釣りを楽しめる湖として、ほぼ手ぶらで家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

精進湖のワカサギのボートとドーム船や釣果とポイントはコレ!
白樺湖のワカサギ釣りの釣果はコレ!小型~大型まで、今年も順調!
野尻湖のワカサギと屋形船など11店の概要!既に順調、昨年より釣果良!
阿寒湖のワカサギと氷上レンタルの概要!氷上フェスティバルの花火大会も!
岩洞湖のワカサギ釣りならドーム船と氷上穴釣り今の釣果はコレ!
朱鞠内湖のワカサギ釣りのポイントや釣果はコレ!臭み無いワカサギで人気!
ワカサギ釣りなら北海道です場所や時期はコレ札幌近郊でもココ!
桂沢湖のワカサギのポイントはココ釣るコツはコレ(重要)!
羽鳥湖のワカサギのレンタルや釣果とポイント!氷上釣り魚ビッグサイズ!
名栗湖でのワカサギの釣果を上げるには?レンタルボート、桟橋釣りなど!
桧原湖のワカサギとドーム船など10店他の概要!今後期待!氷上穴釣りも!
桧原湖のワカサギの釣果、2017~2018の情報、第一弾5店!昨シーズンも!
青野ダムのワカサギはボートで釣果とポイントはコレ!関西新爆釣湖?
相模湖のワカサギとドーム船やボート、9店の概要!すでに釣果好調!
諏訪湖のワカサギの釣果、2017~2018の状況は?今年順調に回復!

Menu

HOME

TOP