ウォーターサーバーの料金等を比較したら安いのは?天然水、RO水別!厳選12社14種!

一昔前、水を購入して飲むといのは海外旅行へ行ったときにお腹を壊さないようにペットボトルの水を購入して飲むくらいでした。

しかし今、日本でも水道水ではなく水を購入して飲むということが当然のようになっています。

代表的なのが、ペットボトルの水ですが箱でまとめて購入する人も少なくないのではないでしょうか。

同じように、ウォーターサーバーも、お店や事務所などで使われる業務用以外に家庭にもかなり普及しています。

ということでウォーターサーバーを利用している人は、どのようなことに魅力を感じているのか、利用者の口コミを確認してみました。

そうしたら利用している人が感じているウォーターサーバーを使う色々な理由(魅力)が見えてきました。

ウォーターサーバーの便利さは、

・水を配達してくれるので水を買いに行かなくてもいい。
 ペットボトルの箱買いは重いし、手間がかかる。
・検査された安全な(美味しい)水を飲める。
・お湯がいつでも使える。(イチイチ沸かす手間がいらない)
 赤ちゃんのミルク、お茶やコーヒー、カップ麺、忙しい朝の料理などにも
・お湯を沸かすガス代が浮く。
・冷水がいつでも飲める。
 子供でも自分で飲めるので手間が減ったという口コミも。
 美味しい天然水なので子供のジュース代もかからなくなったという口コミ。
・ペットボトルよりもゴミがかさばらない。
・災害用の備蓄水としても使える。
・最近のウォーターサーバーはデザインもいいのでインテリアとしてもいい。

などがありましたが、利用者はこれらの理由の中で複数の便利さを感じているようです。

それに加えて反対にウォーターサーバーを利用している人の口コミから不便さやデメリットも見えてきました。

デメリットは、

・サーバーと水ボトルの置き場所が必要。
・電気代・メンテナンス料・サーバーレンタル料などランニングコストが掛かる。
 家で使ってる会社のウォーターサーバーの電気代は安い?高い?の質問も。
・ウォーターサーバーの衛生面に気を使う必要がある。
 水道水のように塩素が含まれないので。
・しっかりロックをしておかないと温水で子供が火傷をする可能性も。
・水は定期配送制が多いので、消費しきれないこともある。
・大きな水ボトルだとサーバーへのセッティング(水ボトル交換)が重くて
 大変。上にセットするサーバーが多いため。
 (会社によっては下セット、中サイズ水ボトルも有り)
・音がうるさいサーバーもある。

などが多いようです。

また、これからウォーターサーバーを使ってみたいけど、

・いっぱいあってどこがいいのか分からない?
・何を基準にして選べばいいのか分からない?
・ウォーターサーバーって全部でどれくらい(1ヵ月)費用掛かるの?
・「できれば安くて美味しい天然水を飲みたいけど、どこがいい?」
・赤ちゃんのミルクに使いたいけど衛生面は大丈夫?
・赤ちゃんのミルクに使いたいけど使っていいのはどこのどの水?

など、これから使ってみたい人にも色々な悩みがありました。

ということで今回はその中で、ウォーターサーバーを使ってみると「1ヵ月どれくら掛かる」のか「料金や費用全部を計算して安いのはどれ」なのか比較してみました。

ウォーターサーバーを決める基準は安さだけではありませんが、たとえば、

「これくらいの予算の幅の中で美味しい水を探したい!」とか、

「できれば、毎月の費用を安く抑えた中から、美味しい天然水を探したい」

「今、家で使っているウォーターサーバーって安いの?高いの?」

など、決めるための基準や今を比較してみたい人には重要な要素の一つなのではないかと思います。

電気代、衛生面、安全ロック、重い水ボトル対策、赤ちゃんのミルクの水に使えるのは?などについても今後載せていきたいと思います。

「今使っているウォーターサーバーに不満があって他に変えようかな?」とか

「これから、ウォーターサーバー、使ってみようかな?」と

考えている人の参考になればと思います。

スポンサードリンク

ウォーターサーバーの料金等を比較したら安いのはココ!

ウォーターサーバーの料金や掛かる費用を計算して比較してみました。

安いことだけを基準に選ぶわけでは無いと思いますが、参考にはなるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに掛かる費用というと、
・水代
・水の配送料
・サーバーレンタル料
・サーバー電気代
・サーバーメンテナンス料
・初回設置費用

その他、1~2年程度の短期で解約した時の手数料やサーバーを交換した時の手数料なども数千円程度かかる会社が多いです。

また、3年契約などで普通よりも安い料金で契約した場合も途中解約すると1~2万円の解約手数料がかかる会社もあります。

今回は、
・水代
・水の配送料
・サーバーレンタル料
・サーバー電気代
・サーバーメンテナンス料
・初回設置費用
を合計して月平均の金額にしてみました。

なお、上の費用で必ず掛かるものは、
・水代
・サーバー電気代
で、その他はウォーターサーバー会社毎に掛かったり、掛からなかったりします。

ウォーターサーバー会社も数多くありますが、その中からオリコン顧客満足度調査で評価の高い会社(一部過去に評価が高かった会社含む)12社14種類に厳選して比較してみました。

複数の水を扱っている会社は、天然水で一番安い水を選びました。

複数のウォーターサーバーのある会社は、費用的に一番安くなるサーバーにしました。

■計算するにあたって!
 同じ条件にするために、消費税込みの料金に直しています。

 ボトル1本とかではなく、実際発注できる水の最低量(本数)で計算してい
 ます。

 水の量は、最低発注量の12Lボトル月2本相当(年間288L)の量ですが
 一部会社によって水の量や基準が違うので「水の量に関係なく月にかかる
 費用」と「1Lあたりの水の単価(水の本当の値段)」の両方をのせまし
 た。

 計算は年間合計を1/12した平均月額になります。
(比較するため初期設置費用など1回の支出も平均されています)

 また、毎年あるキャップシール○枚で水ボトルと無料交換は金額に直して年間合計から差し引いています。

 赤ちゃんの関係で貰えるボトルは、期間限定なので差し引いていません。

 ★2018年4月時点の料金で計算していますが、料金が変更になっていないか
  毎年確認する予定です。

 計算式:(12L×2本相当の水代+配送料)×12ヶ月+サーバーレンタル料×12ヶ月+
     電気代×12ヶ月+サーバーメンテナンス料+初回設置費用-キャップシールでボトル
     交換分(月ボトル2本×12ヶ月=24枚)

     キャップシールでボトル交換分は、月ボトル2本×12ヶ月=24枚、24枚でボトル1本
     はボトル1本の値段をマイナス、30枚で1本は、ボトル1本÷30×24枚=●●
     の値段をマイナス

   ▼複数の水を出している会社で「別な値段の水」や「別な料金のサーバー」
    にしたいときは、公式サイトで料金を確認して上の計算式で計算してみ
    てください。差額分だけを計算して加算することでも計算できます。

★富士おいしい水(天然水3種)⇒富士おいしい水公式サイトで確認
・水   代  12L 1本635円~1516円
・水の配送料  1本325円~519円(地域による:高いのは地方)
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月800円程度
・サーバーメンテナンス料 月594円 3年でサーバー交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月3314円、1L単価138.1円】

★アルピナウォーター(RO水、地域限定)⇒アルピナウォーター公式サイトで確認
こちらからも可
・水   代  12L 1本1134円 3本~発注可
・水の配送料  無料(一部地域は有料)
・サーバーレンタル料  月618円~関東限定エコサーバー942円
・サーバー電気代  月580円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 2年で無料交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月3886円、1L単価161.9円】普通サーバー
 ●省エネサーバーだと月25円ほど安くなる。

★クリクラ(RO水)⇒クリクラ公式サイトで確認
こちらからも可
・水   代  12L 1本1350円、6L862円は3本~
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  原則無料(水の発注本数が少ないと有料)
・サーバー電気代  月535円~1300円程度(節電サーバー有り)
・サーバーメンテナンス料 年1回5400円
・初回設置費用 省エネサーバーのみ7560円
【1ヵ月4540円、1L単価174.6円】省エネサーバー設置費用有の1年目
【1ヵ月3910円、1L単価150.4円】省エネサーバー設置費用無の2年目~
・クリクラママはボトル3本お試し+更に6本無料で貰える。

★アクアクララ(RO水)⇒アクアクララ公式サイトで確認
・水   代  12L 1本1296円 2本~発注可
・水の配送料  無し
・サーバーレンタル料  1080円~1620円(節電サーバー)
・サーバー電気代  月350円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 年1回無料メンテナンス有り
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4562円、1L単価190.1円】
・ベビアクアなら妊婦~子供3歳未満まで毎年ボトル無料券5枚貰える。
【1ヵ月4022円、1L単価167.6円】ベビアクア期間

★アルピナ8(RO水、全国対応)⇒アルピナ8公式サイトで確認
・水   代  8L 1本842円 3本~発注可
・水の配送料  本州無料(その他有料)
・サーバーレンタル料  月618円
・サーバー電気代  月1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無し
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4144円、1L単価172.7円】

★クリクラミオ(天然水)⇒クリクラミオ公式サイトで確認
・水   代  8L 1本1188円
・水の配送料  3本未満は500円
・サーバーレンタル料  原則無料(2ヶ月無発注で月1080円)
・サーバー電気代  月700円程度
・サーバーメンテナンス料 年1回無料
・初回設置費用 無し
・4週間の配送サイクルで年13回発注で計算水量312L
【1ヵ月4561円、1L単価175.4円】

★プレミアムウォーター(天然水3種)⇒プレミアムウォーター公式サイトで確認
こちらからも可
・水   代  12L 1本2217円、3年契約で1本1987円
・水の配送料  水指定無料エリアは無料、エリア外発注は有料
・サーバーレンタル料  無料~月1080円(節電サーバー、エコモード)
・サーバー電気代  月620円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無し(高温水循環システム機能付きも有り)
・初回設置費用 8640円
【1ヵ月5101円、1L単価212.5円】スリムⅢエコモード設置費用有の1年目
【1ヵ月4381円、1L単価182.5円】スリムⅢエコモード設置費用無の2年目~

★コスモウォーター(天然水3種)⇒コスモウォーター公式サイトで確認
・水   代  天然水12L 1本2052円
・水の配送料  北海道以外無料
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月465円(節電サーバー)
・サーバーメンテナンス料 無し(自動クリーン機能付き)
・初回設置費用 無し
・ボトルキャップシール30枚でボトル1本無料交換有り。
【1ヵ月4442円、1L単価185.1円】
 ●水設置場所はサーバー下の足元。

★サントリー天然水(天然水)⇒サントリー天然水公式サイトで確認
・水   代  7.8Lボックス 1箱1242円 3セット単位~発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月700円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無料、熱水自動循環システム付サーバーも有り
・初回設置費用 無し
・最低発注量と配送サイクルで年間3箱13回発注で304.2Lの水量
【1ヵ月4737円、1L単価186.8円】

★フレシャス(天然水3種)⇒フレシャス公式サイトで確認
・水   代  7.2L 1パック1167円~1264円 4パック1箱~発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  無料~540円(節電サーバー)
・サーバー電気代  月330円~680円
・サーバーメンテナンス料 無し、自動クリーンシステム機能付きも有り
・初回設置費用 無し
・配送最低量から4パックで年間345.6Lの水量
【1ヵ月5604円、1L単価194.6円】

★ウォーターワン(天然水、RO水)⇒ウォーターワン公式サイトで確認
・水   代  天然水12L 1本1890円~1998円 2本~偶数単位で発注
        沖縄RO水12L 1本1782円 発注上同
        ★3年契約で1本100円程度割引。(沖縄は1674円)
・水の配送料  水毎の無料配送エリアは無料、エリア外は有料
・サーバーレンタル料  月500円
・サーバー電気代  月600円~700円程度
・サーバーメンテナンス料 3年で同種サーバーなら交換無料、別機種は有料
・初回設置費用 無し
・水ボトルキャップシール1本2ポイント、80ポイントでボトル2本と無料交換
 【1ヵ月4707円、1L単価196.1円】3年契約で計算
 東北・関東・信越・北陸・東海限定天然水
【1ヵ月4293円、1L単価178.9円】沖縄限定RO水、3年契約で計算

スポンサードリンク

★うるのん(天然水)⇒うるのん公式サイトで確認
・水   代  12L 1本2050円 2本~発注可
・水の配送料  無料(北海道と沖縄は有料)
・サーバーレンタル料  無料~月324円
・サーバー電気代  月390円~1500円程度
・サーバーメンテナンス料 3年毎みサーバー無料交換
・初回設置費用 無し
・ボトルキャップシール24枚でボトル1本無料交換有り。
【1ヵ月4728円、1L単価197.0円】

★富士の湧水(天然水)⇒富士の湧水公式サイトで確認
・水   代  12L 1パック1646円 2パック単位で発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  月823円(1666円から割引中)
・サーバー電気代  月700円程度
・サーバーメンテナンス料 無料、自動クリーン機能付きサーバー
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4815円、1L単価200.6円】

★ハワイウォーター(RO水)⇒ハワイウォーター公式サイトで確認
・水   代  12L 1本1674円 関東4本、他2本~発注可
・水の配送料  関東・北関東無料、他は1箱374~648円
・サーバーレンタル料  月618円~942円(エコサーバー有り)
・サーバー電気代  月580~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 2年でサーバー無料交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4966円、1L単価206.9円】

一部を除き、傾向としては「天然水」よりも「RO水」の方が安い傾向にあるようです。

一般的に天然水を好まれる人が多いと思いますが、天然水はミネラル分が多いと「水のクセ」が強いと感じる(口コミから)こともあるようです。

また、RO水はミネラルが少ないので、まろやかで赤ちゃんのミルクの水にも大丈夫です。

なお、アクアクララやクリクラのように、RO水にミネラルが添加されていても水の硬度は軟水の範囲内ですのでミルクの水として問題はないようです。

【水の硬度基準】軟水0~60、中軟水61~120、硬水121~180、超硬水181以上

ちなみに日本の水は海外と比べて、水道水でもミネラル分が少なく軟水~中軟水で水の硬度が低いといわれています。

しかし、全国皆同じではなく、日本でも南西諸島、関東の一部や福岡県の一部では水道水のミネラル分が多く硬水以上の地域も有ります。
(時期でも硬度は変わるそうです)

ウォーターサーバーの料金等を比較したら安い天然水はココ!

上で比較したウォーターサーバーの料金等の中から天然水だけを抜き取って安いのはどこかを載せてみました。

天然水を選択基準にする人はこちらが見やすいと思います。

富士おいしい水(天然水3種)
・水   代  12L 1本635円~1516円
・水の配送料  1本325円~519円(地域による:高いのは地方)
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月800円程度
・サーバーメンテナンス料 月594円 3年でサーバー交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月3314円、1L単価138.1円】

クリクラミオ(天然水)
・水   代  8L 1本1188円
・水の配送料  3本未満は500円
・サーバーレンタル料  原則無料(2ヶ月無発注で月1080円)
・サーバー電気代  月700円程度
・サーバーメンテナンス料 年1回無料
・初回設置費用 無し
・4週間の配送サイクルで年13回発注で計算水量312L
【1ヵ月4561円、1L単価175.4円】

プレミアムウォーター(天然水3種)
・水   代  12L 1本2217円、3年契約で1本1987円
・水の配送料  水指定無料エリアは無料、エリア外発注は有料
・サーバーレンタル料  無料~月1080円(節電サーバー、エコモード)
・サーバー電気代  月620円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無し(高温水循環システム機能付きも有り)
・初回設置費用 8640円
【1ヵ月5101円、1L単価212.5円】設置費用有りの1年目
【1ヵ月4381円、1L単価182.5円】設置費用無しの2年目以降

コスモウォーター(天然水3種)
・水   代  天然水12L 1本2052円
・水の配送料  北海道以外無料
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月465円(節電サーバー)
・サーバーメンテナンス料 無し(自動クリーン機能付き)
・初回設置費用 無し
・ボトルキャップシール30枚でボトル1本無料交換有り。
【1ヵ月4442円、1L単価185.1円】

サントリー天然水(天然水)
・水   代  7.8Lボックス 1箱1242円 3セット単位~発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  無料
・サーバー電気代  月700円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無料、熱水自動循環システム付サーバーも有り
・初回設置費用 無し
・最低発注量と配送サイクルで年間3箱13回発注で304.2Lの水量
【1ヵ月4737円、1L単価186.8円】

フレシャス(天然水3種)
・水   代  7.2L 1パック1167円~1264円 4パック1箱~発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  無料~540円(節電サーバー)
・サーバー電気代  月330円~680円
・サーバーメンテナンス料 無し、自動クリーンシステム機能付きも有り
・初回設置費用 無し
・配送最低量から4パックで年間345.6Lの水量
【1ヵ月5604円、1L単価194.6円】

ウォーターワン(天然水、RO水)
・水   代  天然水12L 1本1890円~1998円 2本~偶数単位で発注
        沖縄RO水12L 1本1782円 発注上同
        ★3年契約で1本100円程度割引。(沖縄は1674円)
・水の配送料  水毎の無料配送エリアは無料、エリア外は有料
・サーバーレンタル料  月500円
・サーバー電気代  月600円~700円程度
・サーバーメンテナンス料 3年で同種サーバーなら交換無料、別機種は有料
・初回設置費用 無し
・水ボトルキャップシール1本2ポイント、80ポイントでボトル2本と無料交換
 3年契約料金で計算
【1ヵ月4707円、1L単価196.1円】
 東北・関東・信越・北陸・東海限定天然水

うるのん(天然水)
・水   代  12L 1本2050円 2本~発注可
・水の配送料  無料(北海道と沖縄は有料)
・サーバーレンタル料  無料~月324円
・サーバー電気代  月390円~1500円程度
・サーバーメンテナンス料 3年毎みサーバー無料交換
・初回設置費用 無し
・ボトルキャップシール24枚でボトル1本無料交換有り。
【1ヵ月4728円、1L単価197.0円】

富士の湧水(天然水)
・水   代  12L 1パック1646円 2パック単位で発注可
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  月823円(1666円から割引中)
・サーバー電気代  月700円程度
・サーバーメンテナンス料 無料、自動クリーン機能付きサーバー
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4815円、1L単価200.6円】

ウォーターサーバーの料金等を比較したら安いRO水はココ!

上で比較したウォーターサーバーの料金等の中からRO水だけを抜き取って安いのはどこかを載せてみました。

赤ちゃんのミルクの水にも大丈夫な、一般的に水の硬度が低いRO水を選択基準にする人はこちらが見やすいと思います。

ただし、アクアクララやクリクラのように味調整のためにミネラルを添加している会社も有ります。

天然水は人気がありますが、ウォーターサーバーの全国的な認知度やシェアからするとクリクラやアクアクララが優位なようです。

特に、妊婦さんから小さなお子さんのいる方はクリクラママやベビアクアの対象になるので、お得な特典もあってここを選択する人も少なくないのではないでしょうか。

アルピナウォーター(RO水、地域限定)
・水   代  12L 1本1134円 3本~発注可
・水の配送料  無料(一部地域は有料)
・サーバーレンタル料  月618円~関東限定エコサーバー942円
・サーバー電気代  月580円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 2年で無料交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月3886円、1L単価161.9円】普通サーバー
 ●省エネサーバーだと月25円ほど安くなる。

クリクラ(RO水)
・水   代  12L 1本1350円、6L862円は3本~
・水の配送料  無料
・サーバーレンタル料  原則無料(水の発注本数が少ないと有料)
・サーバー電気代  月535円~1300円程度(節電サーバー有り)
・サーバーメンテナンス料 年1回5400円
・初回設置費用 省エネサーバーのみ7560円
【1ヵ月4540円、1L単価174.6円】省エネサーバー設置費用有りの1年目
【1ヵ月3910円、1L単価150.4円】省エネサーバー設置費用無しの2年目~
・クリクラママはボトル3本お試し+更に6本無料で貰える。

アクアクララ(RO水)
・水   代  12L 1本1296円 2本~発注可
・水の配送料  無し
・サーバーレンタル料  1080円~1620円(節電サーバー)
・サーバー電気代  月350円~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 年1回無料メンテナンス有り
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4562円、1L単価190.1円】
・ベビアクアなら妊婦~子供3歳未満まで毎年ボトル無料券5枚貰える。
【1ヵ月4022円、1L単価167.6円】ベビアクア期間

アルピナ8(RO水、全国対応)
・水   代  8L 1本842円 3本~発注可
・水の配送料  本州無料(その他有料)
・サーバーレンタル料  月618円
・サーバー電気代  月1000円程度
・サーバーメンテナンス料 無し
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4144円、1L単価172.7円】

ハワイウォーター(RO水)
・水   代  12L 1本1674円 関東4本、他2本~発注可
・水の配送料  関東・北関東無料、他は1箱374~648円
・サーバーレンタル料  月618円~942円(エコサーバー有り)
・サーバー電気代  月580~1000円程度
・サーバーメンテナンス料 2年でサーバー無料交換
・初回設置費用 無し
【1ヵ月4966円、1L単価206.9円】

まとめ

今回は、ウォーターサーバーの料金などを比較して安いのはどれかを紹介しました。

天然水とRO水別のものも載せました。

傾向としては、安いのはRO水のウォーターサーバーが多く、少し高目なのが天然水のウォーターサーバーという感じですが、1社天然水なのに安いウォーターサーバーがありました。

また、RO水なのに高いウォーターサーバーもありました、輸送費用の関係でしょうか?

最後に赤ちゃんやママ限定ですが、ウォーターサーバーを決める基準のいくつかを紹介したいと思います。

▼妊婦さんやママに人気なのが、
・水が交換しやすい「水を下にセットするサーバー」または「水ボトルが少量
 パック・ボトルタイプ」
・清潔で節電にもなる「自動内部クリーン機能(熱循環)付き節電サーバー」
・冷水と温水どちらもチャイルドロックしかも、ボタンの位置は子供の手が
 届かない上方にあるサーバー。
・赤ちゃんにも使える水として普通に選ぶと、水の硬度が0~60の軟水。
 (各公式サイトの成分表で全社確認できます)
 少し厳しく選ぶと水の硬度30以下、更に「バナジウム」「シリカ」の含
 まない水。
・定期的な放射性物質検査をして結果を公開している会社。
  ●赤ちゃんのための少し厳しい選定基準でもあります●

「これからウォーターサーバーを使ってみたいけど?」と思っている人や

「家のウォーターサーバーどうなの?安い?高い?」「もっと安いとこない?」
とか

「他のウォーターサーバーへ乗り換えたいけど・・・!」と考えているなら、

選定基準の一つの参考にしてみてください。


なお、無料でお試しできるウォーターサーバー会社5社を紹介するページを作りました。

特にウォーターサーバーが始めてで「使ってみたいけど、・・・」と決めかねているなら無料のお試しで体験してみるというのも一つの方法です。

会社によって1週間~最長3ヶ月まで無料でお試しできます。

小さなお子さんのいるママを応援している会社は、「お試し期間延長」や「お試しボトル追加」などの特典もあります。

朝の忙しいときに使ってみたり(お湯を沸かす手間カット)
子供が冷たい水を美味しいと行って飲むかどうか
子供が火傷しないための安全ロックは大丈夫か
赤ちゃんのミルクを作ってみたり
サーバーの音がうるさくないかとか
水の交換は不便じゃないかとか
どれくらいでボトルの水が無くなるとか

色々体験してみることでウォーターサーバーの便利さや不便さ、使い方が見えてくることで、本格的にウォーターサーバーを始めるなら「どんなウォーターサーバーがいい」という基準も見えてくるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーのお試しができる5社、無料体験!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP