小イワシのオイルサーディンとアヒージョにハンバーグ、熱々が美味しそう!

前回は、小イワシ~中型イワシの前々回とは別な煮物料理をいくつか紹介しました。

今回は、小イワシ~中型イワシの洋風煮物・焼き物料理をいくつか紹介したいと思います。

今回の料理も、小イワシの青魚に含まれているDHAやEPAを丸ごと摂取できる体にいい健康料理です。

油を多く使う調理法の場合は、DHAやEPAが溶け出すそうなので、油も摂取した方がいいようです。(ただし油の摂り過ぎには注意)

今回の調理法も油を使うものがありますが、食べるときに使った油をかけたり、油をパンにつけて食べる料理です。

DHAは脳の活性化で記憶など、EPAは血液関係の病気の予防に良いといわれています。

精神安定、記憶力アップ、血液系の正常化など子供から中高年の人までおすすめできる健康料理ですので、ぜひ挑戦してください。

いつもと同じように、いくつもある同じような動画から評価の高い人気の動画だけを選んでのせました。
(ただし、一部の料理動画で、投稿数がかなり少ないものは評価を関係なくして、内容を確認して分り易い動画をのせています)

今回も、他のサイトへの掲載が許可されているユーチューブ動画で、指定されている掲載の方法でのせています。

短い動画が多いので、空いた時間や帰りの車や電車などに確認してみてください。

●オイルサーディン(鰯、油漬け)大和の和料理(12分9秒)

●超簡単オイルサーディンを作ろう!【海釣施設で釣ったカタクチイワシ】(3分37秒)

●イワシのオイル煮(アヒージョ)(3分17秒)

●いわしの和風ハンバーグ(2分)1000回以上

今回も動画の内容と、コメントも少しのせました。

もしも「途中からの再生」や「前に戻っての部分的な再生」の方法は前の「初心者向けの釣り教室堤防編」で説明していますので、そちらをご覧ください。

 

スポンサードリンク

小イワシのオイルサーディンすぐ食べるなら熱々で!

小イワシのオイルサーディンの作り方です。

オイルサーディンは料理ではなく、料理の食材で「塩漬け小イワシの(油煮)油付け」になります。

▼オイルサーディン(鰯油漬け)大和の和料理(12分9秒)7000回以上

【材 料】
小イワシ、塩水、ニンニク、生姜の皮、玉葱の皮、水、薄口醤油、酒、サラダオイル、ニンジン、玉葱、酢、醤油、七味唐辛子、葱

【内 容】
小イワシの、頭、内臓、尾びれを切り取る
キレイに水洗いする
塩水に漬けておく
ニンニクに切れ目を入れる
生姜の皮を厚めに剥く
玉葱の皮を剥く
玉葱の皮+白い部分少々とニンニク、生姜の皮を(オクラ)ネットに入れる
圧力鍋に、イワシと塩水、水、薄口醤油、酒を入れる
ネットに入れた玉葱、生姜の皮、ニンニクも入れる
火をつけて圧力鍋でイワシの骨が柔らかくなるまで煮る
煮えたら、そのまま冷ます
イワシをザルに上げて水気を切る
イワシをタッパーに入れて、サラダオイルをヒタヒタに入れて三日待つ
皿にイワシとニンジンの細切り、玉葱の薄切りを盛る
醤油に酢を加えた酢醤油、七味唐辛子、漬けた油をかける
最後に刻み葱を散らして完成

▼超簡単オイルサーディンを作ろう!【海釣施設で釣ったカタクチイワシ】(3分37秒)2400回以上

【材 料】
小イワシ、ニンニク、赤唐辛子、塩、オリーブオイル

【内 容】
ニンニクをスライス
赤唐辛子を刻む
小イワシは頭と内臓を取って水でキレイに洗っておく
キッチンペーパーに洗った小イワシを並べる
小イワシに塩をふって30分置いておく
小イワシから出た水分をキッチンペーパーで拭く
鍋に小イワシを並べる
ニンニクと赤唐辛子を入れる
オリーブオイルをヒタヒタに入れる
火を点けて、超弱火で30分煮る
煮えたら、そのまま食べる

二番目の動画はイワシのオイルサーディンというより、次に紹介するアヒージョ(ニンニクオイル煮)ではないでしょうか。

スポンサードリンク

オイルサーディンは料理の食材で「塩漬け小イワシの(油煮)油付け」、アヒージョはニンニクの香りを移したオリーブオイルの煮込み料理(材料は色々)だそうです。

これはオイルサーディン? それとも アヒージョ? 分からないけど、熱々おいしそう。

小イワシのアヒージョ、魚介と野菜も足して熱々で!

イワシのアヒージョ(ニンニクオイル煮)の作り方です。

アヒージョは、オリーブオイルにニンニクの香りを移して煮込む料理で、材料は、魚介類、肉、野菜などイワシだけの料理ではないそうです。

▼イワシのオイル煮(1分23秒)

【材 料】
イワシ、塩、オリーブオイル、ニンニク、ケッパー

【内 容】
イワシの頭と内臓をとる
水できれいに洗って水気を取る
塩を振っておく
イワシの水気を拭き取る
鍋にオリーブオイル、包丁で潰したニンニク、塩、ケッパーを入れて混ぜる
イワシを入れて蓋をして、中火で加熱する
湯気が出てきたら弱火にする
15分程煮て、火を止めて冷まして完成

冷ましてとありますが、上の動画のように熱々を食べたい感じがします、

ケッパー(ケイパー)無ければ、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、塩コショウ(ローリエ、ローズマリーなどでも)でどうぞ。

材料は、他にもエビ・ホタテ・牡蠣・イカ・タコなどの魚介類や、しめじ・マッシュルームなどのキノコ類、玉葱・キャベツ・パプリカ・ズッキーニ・ブロッコリーなどの野菜なども合うようです。

小イワシのハンバーグ、アッサリ和風ポン酢醤油で!

イワシハンバーグの作り方です。

豆腐を加えた、和風のアッサリハンバーグを、ポン酢醤油で食べます。

▼いわしの和風ハンバーグ(2分)1000回以上

【材 料】
イワシ、豆腐、玉葱、青シソ、大根、スプラウト、アルファルファ、ミニトマト、生姜、酒、醤油、ごま油、ポン酢醤油

【内 容】
イワシのウロコ、頭、内臓を取り除く
きれいに洗う
イワシを手で開いて、中骨と腹骨と尾びれを取る
背びれを取って、皮をはいで、身を小さく切る
豆腐はキッチンペーパーで包んで、耐熱容器に入れて電子レンジで1分加熱(水分を少なくする)
みじん切りの玉葱は水に漬けてから、布で水気をシッカリ搾り取る
青シソをみじん切り
大根をおろした物は、軽く水を切る
スプラウトの根を切り、アルファルファと混ぜる
ミニトマトはヘタを取って縦半分にカットする
すり鉢にイワシを入れてすり潰し、豆腐を入れて更にすり潰す
それに玉葱、青シソ、すりおろした生姜、酒、醤油を加えて混ぜる
ハンバーグのかたちに整形する
フライパンにごま油を入れて熱して、整形したイワシ生ハンバーグを入れる
イワシ生ハンバーグの両面をよく焼く
焼けたら皿に盛り、アルファルファと大根おろし、ミニトマトを添える
ポン酢醤油をかけて完成

アルファルファ・スプラウトとミニトマトは、必ず必要とは思いませんが、サッパリと食べるためには大根おろしとポン酢醤油は必要な感じがします。

まとめ

前回に引き続き、今回も小イワシの煮物(一部焼き物)料理でした。

今回の特徴は洋風で、オリーブオイルなどの油を使う調理の場合は、食べるときに小イワシに使った油をかけたり、パンに油を浸して食べたりすると美味しいそうです。

また、油に溶け出したDHAやEPAも油ごと食べれば、健康成分のDHAやEPAを全部摂取できます。

ただ、毎日だと油(オリーブオイルを除く)の摂り過ぎになる可能性がありますので、少し間をあけて食べるようにした方がいいと思います。

お子さんと一緒に家族でたくさん釣って、みんなで小イワシの色々な健康料理を楽しんでください。

小イワシは青魚の健康食材で、子供から中高年の人までおすすめの食材ですから、ぜひ色々な料理に挑戦してみてください。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

小イワシの締め方うろこ取りとおろし方PPバンドやスプーンや手開きで料理!
サバの味噌煮と煮付けや煮食い鍋のすき焼きとオイル煮のコンフィもいいですよ!
ワカサギのフライやかき揚げと南蛮漬けにパン粉焼も工夫で美味しい!
サバでしめ鯖と寿司とマリネで刺身ならなめろうとさんが焼つみれ汁も!
小イワシの一夜干や丸干しで干物を作ったらおかずや肴に最高!保存も!
豆アジのたたきと刺身簡単!なめろう作るならつみれ汁やさんが焼きも!
イワシのイタリア風パン粉焼や簡単チーズパン粉焼にベッカフィーコ?
小サバの唐揚げや南蛮漬けと竜田揚げにフライとつみれ焼、どれも美味しい!
魚を締める理由は味のため?血抜きも道具ならハサミやナイフが簡単!
ワカサギのフリットとマリネやエスカベッシュにソテーとアヒージョやオイルサーディンも!
サバの塩焼きと照り焼にオリーブオイル焼と香草パン粉焼、美味しい!
ワカサギの塩焼きや柳川と甘露煮も美味しいですよ!
ワカサギの燻製や一夜干と醤油干しに煮干と佃煮も酒の肴にもご飯にも!
小アジの調理法ですが丼やカルパッチョとテッパイに漬けや梅なめろうも!
小イワシ揚げ物なら唐揚げ南蛮漬け竜田揚げや天ぷらとフライ!肴に!

Menu

HOME

TOP