梅雨明け2016年九州はいつ頃か過去データや平年値で予想できる?

スポンサードリンク

北陸と東北の梅雨入りはまだですが、ようやく関東甲信までの梅雨入りが発表されました。

今年の梅雨入りは、沖縄を除くと、昨年よりも少し遅いものの平年の梅雨入りよりは早目に梅雨入りしているようです。

さてそれでは、この梅雨がいつ頃に明けるのか、そろそろ気になりだすのではないでしょうか。

梅雨入りに利用した気象庁の10日間天気予報は九州の梅雨明けにはまだ使えませんので不安はありますが、今年2016年の九州の梅雨明けはいつ頃なるのか予想してみましょう。

2016年の九州の梅雨明けを予想しているサイトでは、九州南部が「7月中旬」、九州北部が「7月中旬中ほどから下旬中ほど」というところが多いようです。

関東付近では、(雪が少なかったことと)先月の雨量が少なくダムの貯水量がかなり減って水不足状態のようですが大丈夫でしょうか。

あまりジメジメしない梅雨を望みますが、水不足にならない程度に早めに梅雨明けして欲しいものです。

最近の天候は以前とは違う感じを受けますし、自然現象ですから過去のデータが役に立つか分りませんが、とりあえず過去のデータなどから何かの傾向を見つけ出せるか確認してみたいと思います。

それでは気象庁の過去の梅雨明けデータや平均値から探ってみます。

梅雨明け2016年九州はいつころ?

2016年の九州の梅雨明けがいつころになりそうか過去の気象庁のデータで確認してみたいと思います。

気象庁の1951年からの梅雨明けデータから九州では、

【九州南部】
▼ 最も早い梅雨明けが 6/24

▼ 最も遅い梅雨明けが 8/8 と一ヶ月半の幅があります。

全体的にみると58年以前の特別変動の大きい古い時代のデータを除けば、ほぼ一定範囲を行き来していて早まったり遅まっている傾向はみられません。

57年前以降は突出して遅いとか早いとかは見られませんが、遅めの年と早めの年を除くと、一定範囲を行き来しているようです。

【九州北部】
▼ 最も早い梅雨明けが 7/6

▼ 最も遅い梅雨明けが 8/4 と一ヶ月程の幅があります。

全体的にみると最近の方が遅い年と早い年の変動が激しいようです。

しかし、突出して早い年と遅い年を除くと一定の範囲を行き来しているようです。

また、過去22年の比較的変動の激しい最近の例では、突出して遅くなった年の後は、10~15日以上梅雨明けが早まっているように見られます。

これらを加味すると、梅雨明けの遅い日と早い日の差がかなり短縮されます。

詳しくは、下の予想の項目で紹介します。

梅雨明け2016年九州の過去データや平年値は?

(実際は昨年までの)過去の九州の梅雨入りデータをグラフにしてみました。

● 九州南部の過去の梅雨明け
九州南部梅雨明けグラフ2015

スポンサードリンク

● 九州北部の過去の梅雨明け
九州北部梅雨明けグラフ2015

気象庁は、平年の梅雨明け日を発表しています。

平年の梅雨明け日とは、2010年以前30年間の平均の梅雨明け日になります。

● 九州南部の平年の梅雨明け日:7/14(昨年は7/14)

● 九州北部の平年の梅雨明け日:7/19(昨年は7/29)

となります。

梅雨明け2016年九州の予想は!

2016年の九州の梅雨明け予想について、何かの傾向は見られるのでしょうか?

九州の過去の梅雨明けデータから

【九州南部】
▼ 最も早い梅雨明けが、 6/24

▼ 最も遅い梅雨明けが、 8/8   で、かなりの幅があります。

【九州北部】
▼ 最も早い梅雨明けが、 7/6

▼ 最も遅い梅雨明けが、 8/4   で、かなりの幅があります。

ですが、(過去の変動の激しいデータと)突出して遅い年と早い年を除くと、

【九州南部】
▼ 最も早い梅雨入りが、 7/5頃

▼ 最も遅い梅雨入りが、 7/22頃  で、大分幅が短縮されました。

【九州北部】
▼ 最も早い梅雨入りが、 7/11頃

▼ 最も遅い梅雨入りが、 7/26頃  で、大分幅が短縮されました。

気象庁が発表している九州の平年の梅雨明け日は、

▼ 九州南部 7/14

▼ 九州北部 7/19 です。

これを基準にプラスマイナス5日程度を見込むと、

▼ 九州南部は、 「7/9~7/19」

▼ 九州南部は、 「7/14~7/24」 という予想になります。

これに前例から、九州北部では突出して遅い梅雨明け後10~15日程梅雨明けが早くなることから、

▼ 昨年7/29頃 ⇒ 今年 7/14~7/19 ころになります。   

気象庁での梅雨明け基準は、「平年並みの梅雨明けの頃に、1週間の天気予報を参考(晴れが続く)にして気象庁の担当者が感覚で、梅雨明けを予報として発表」しています。

しかし、今の段階で九州の10日間天気予報は利用できないこともあり、あまり範囲を狭めたくないので、

▼ 九州南部は、 【7/9~7/19】

▼ 九州北部は、 【7/14~7/24】 ころを九州の梅雨明けと予想します。

まとめ

2016年の九州の梅雨明け予想については、結局多くのサイトで予想している 「九州南部が7月中旬」、九州北部が7月中旬中ほどから下旬中ほど」 という結果になりました。

昨年九州は、南部が平年並みの梅雨明けで、北部はかなり遅めの梅雨明けでした。

今年2016年の予想としては、どちらも平年並の梅雨明けとなりましたが、実際はどのようになるのでしょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨明け2016年四国はいつ頃か過去データや平年値で予想できる?
梅雨明け2016年関西含む近畿はいつ頃か過去データや平年値で予想?
梅雨入り2016年の中国地方の時期を過去データや平年値で予想できる?
梅雨明け2016年関東甲信はいつ頃か過去データや平年値で予想?
梅雨入り2016年の東海の時期は過去データや平年値で予想できる?
インフルエンザの家族の看病で注意することは?食事は?
自転車の雨具でおすすめはこんな物!顔と靴はどうしてる?
梅雨明け2016年沖縄はいつか過去データや平年値で予想できる?
梅雨入りの定義は?時期は?平年は?2015は?一覧はどこ?
梅雨明け2016年東北はいつ頃か過去データや平年値で予想?
梅雨入り2016年の四国の時期がいつか過去データや平年値で予想できる?
梅雨入り2016年の関東甲信はいつか過去データや平年値で予想できる?
梅雨入り2016年の東北はいつか過去データや平年値で予想できる?
梅雨明け2016年東海はいつ頃か過去データや平年値で予想?
梅雨明け2016年北陸はいつ頃か過去データや平年値で予想?

Menu

HOME

TOP