ワカサギ釣りならドーム船が初心者にお勧め!道具や服装もコレでOK!

ワカサギ釣りといえば、凍った湖の氷に穴を開けて釣る穴釣りが有名です。

「まだ秋ですよ、湖や沼も凍っていないのに、ワカサギ釣り?」

でも、今の時期からできるドーム船などの船で釣るワカサギ釣りも手軽にできて楽しい釣りです。

そして、ドーム船などの船で釣るワカサギ釣りは、もう釣りが解禁されてシーズンに入っていますし、11月には一番数が釣れるベストシーズンに入ろうとしています。

たとえば人気ワカサギ釣り場、長野県の諏訪湖、山梨県の山中湖、神奈川県の相模湖などでは、今年既にレンタルボートやドーム船でのワカサギ釣りが解禁されて、10月に入って釣り慣れた人なら300匹以上釣っている人も少なくない状況で、11月には更にもっと釣果が上がると期待されています。

ワカサギ釣りで有名な山中湖では、氷上の穴釣りも含めるとワカサギ釣りのシーズンは10月~3月です。

しかし、ドーム船やレンタルボートのベストシーズンは10月下旬から11月、しかもこの時期ならではの魅力がもう一つあります。

それは、キレイな紅葉も一緒に楽しむことが出来るということです。

しかも船の周りに囲いをしているドーム船なら寒くないので、ゆったり釣りができるし、道具をレンタルできるので手軽にできる初心者向きの釣りと言えます。

ドーム船は事前に予約が必要ですが、ワカサギドーム船釣りなどの体験プランが予約できる「じゃらん遊び・体験プラン」などの遊びと体験の予約サイトもあります。

また、12月から3月の寒い時期なら、寒いどころか暖房を入れている大型ドーム船がほとんどなので、暖かく快適にワカサギ釣りを楽しむことができます。

これからベストシーズンに入るドーム船でのワカサギ釣りについて、初心者でも分かりやすく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ワカサギ釣りならドーム船が初心者にはおすすめ!

初心者がワカサギ釣りを楽しむなら、初めは今の時期紅葉も楽しめるドーム船がおすすめです。
(冬に入っても、寒くなく手軽にできるドーム船は初心者向きの釣りです)

初心者におすすめなのは、下のような便利なことがあります。

理由は、
1.必要な物のほとんどを釣り場でレンタルか購入できる。
2.寒くない(乗合船は暖房あり)。
3.トイレが付いている。
4.遅れたり、早く帰りたい場合も送迎してくれる。
5.釣れる場所に連れて行ってくれる。
6.電子レンジ、給湯ポット(・テレビ)などが揃っている。
7.お昼を予約、その場でカップラーメンも買える。
8.場所によって、お試しパックの設定がある。
9.釣り方のアドバイスをしてくれる。
*乗合船とは、知らない人たちが同じ船に乗って釣りをするもので、手軽で初心者向きです。

欠点は無いんでしょうか?

欠点としては、やはりその分料金がかかります。

この料金も、湖や釣り宿などでも違ってきますので、比較しながら検討してみる必要があります。

関東周辺で人気の湖でのワカサギ釣りについて、いくつか概要を紹介してみます。

▼「諏訪湖」
ドーム船1人大人2500~4000円(遊漁券別途必要)、子供1500~3000円
諏訪湖遊漁券1人1000円(中学生まで無料)
・お得パック2時間というお試しパックもあります(平日のみや3時間、遊魚券別など何種類かあるので要確認)
宿泊とセットで料金が安くなる旅館も多い(朝早いので色々な設定有る)
釣り時間制限や釣り量制限がある
一部の屋形船の貸切、家タイプのドーム船ではその場で天ぷら可能
旅館で予約しておくと別料金で天ぷら可能
諏訪湖漁業協同組合釣り船紹介サイト:http://www.suwakogyokyou.com/chouka4-1.html

▼「山中湖」
ドーム船1人4000円くらい(遊魚券別途必要:釣り場で購入すると下の倍額)
組合の指定場所で遊魚券を購入すると大人600円、女性・中学生・肢体不自由な方、70歳以上300円
釣りから帰ってきて無料休憩所や天ぷら場(要予約)で、天ぷらが可能な釣り宿(ボート屋)もあります。
山中湖観光協会ドーム船業者情報:http://www.yamanakako.gr.jp/information/index.php?ca_id=2&op_id=3
山中湖漁業協同組合ドーム船業者情報:http://www.lake-yamanaka.net/forms/info/info.aspx?info_id=18023

▼「相模湖」
ドーム船は相模湖内の天狗岩のみです。
入漁料0円、ドーム船 大 人  1人3500円
           高校生まで1人3000円
           中学生まで1人2500円

どこの湖でも、ドーム船の場合は、竿(竿とリール)はレンタルできます(料金1000~1500円程度)し、(受付で)仕掛けと餌は購入することが出来ます。

そして、ワカサギといえば天ぷらが代表的な調理法ですよね。

「その場(岸にあがってから)でワカサギの天ぷらを食べたい!」という人も少なくないです。

しかし、基本的にドーム船内での、釣りたてのワカサギの天ぷらは一部を除いてできません。

スポンサードリンク

ですが「諏訪湖 天ぷら ドーム船」「山中湖 天ぷら ドーム船」で検索すると、釣ったワカサギをその場で天ぷらにできる場所が何箇所かでてきますので興味のある人は確認してみてください。

そのような場所で自分で釣ったワカサギを天ぷらにする場合は、「塩もみして洗う(ウロコ・汚れ・臭み臭み取り)」「内臓が気になる人はえらと内臓を取り除いて」天ぷらにすると、美味しくいただけます。

ただし宿泊する場合には、その宿で釣ったワカサギを有料で天ぷらにしてくれるようです。

●なお、ドーム船でのワカサギ釣りで注意することは最後の「まとめ」で紹介しています。

「関東の手ぶらでワカサギ釣りができる湖」2016.11追加しました。

ワカサギ釣りのドーム船なら道具、手ぶらだけどコレは!

ワカサギ釣りのドーム船では、このような道具がレンタルや購入できで、ほぼ手ぶらでワカサギ釣りを楽しむことが出来ます。

▼ドーム船でレンタル、購入できるもの
竿(リール竿、電動リール竿):レンタル
仕掛け:購入
餌:購入
釣った魚を入れるバケツ:無料
弁当、カップラーメン:購入(弁当受付で予約)
*場所によっては、魚を持ち帰る発泡スチロール箱&氷:購入

そのほかに、大型のドーム船(乗り合い船)なら電子レンジや給湯器(場合によってはテレビ)が船の中にあって利用できます。(椅子または座布団も有り)

しかし、それでも他に準備していく必要のあるもの(便利なもの)があります。

▼準備して持っていくもの
手拭タオル
クーラーボックスか発泡スチロール箱(中に氷:氷サービスしてくれる船もあるので要確認)
小さいハサミ(餌を切る、仕掛けを直す)
餌入れ(小型の箱でも可)
魚つかみトング(魚をはずすときに使用:手が汚れない)
餌付け用ピンセット(先が下に曲がったもの:虫嫌いな人だけ)
自前で準備するなら昼食や飲み物
寄せ餌のブドウ虫(無くてもいいが、最近人気の寄せ餌、使い方は以前紹介)

*今後も、何度かワカサギ釣りに行く予定なら、
(電動)リール竿・仕掛け・餌も自分で準備して持って行くと毎回道具(竿・仕掛け・餌)をレンタル(1人1000~1500円、電動リールならもっと高い)する必要が無いので少し経済的です。

ワカサギ釣りでのドーム船なら服装は普通で大丈夫?

ドーム船は、ビニールで囲われたり、屋形船タイプやプレハブの家タイプの釣り船ですが、小型のドーム船でも基本的には風を防げるのでそれほど寒くはありません。

特に、乗合船(知らない人同士が1つの船で釣る)などの大型のドーム船では、寒いとだいたいが暖房を入れているので家と変わらないくらい暖かいです。

ですから、あまり着込みすぎると、熱くて脱ぐことになりますが、1人分のスペースが狭いので脱いだ服の置き場所に困ることもありますので注意が必要です。

ドーム船内では、その季節に家で着ている寒くない程度の服装がおすすめです。

ただし、ドーム船に乗るまで寒いのでドーム船の中で脱ぐつもりで、上にその季節の寒さに適する上着(ジャンパーなど)を羽織るようにするといいでしょう。

まとめ

初心者がワカサギ釣りをするなら、事前に全部の道具を揃える必要がなく、寒さ対策もほぼ必要のないドーム船でのワカサギ釣りがおすすめです。

大型の乗合船なら暖房も付いていて、準備する道具も最低限で、ほぼ手ぶらで楽しくワカサギ釣りができます。

しかし、楽に釣りができるドーム船ですが、下の注意する点や事前に確認しておく必要のあることは確認しておきましょう。

●ドーム船でのワカサギ釣りで注意すること
予約が必要(人気の湖は1ヶ月前程度早めに予約が必要)
・乗合船は出船時間がある(帰る時間も決っている)
  ただし、時間に遅れても、早目に帰りたいときも、送迎して対応してくれる所が多いので確認しておきましょう。
・小さい子供さんは乗船できない(○歳以下乗船禁止)ところも有るので、確認が必要です。
・ワカサギ釣りには基本的に遊漁券が必要ですが、釣り場に行く前に指定店で購入すると安くなる場合があります。
(遊漁券は大人だけで、子供は不要の場合も有るので確認が必要)
・寄せ餌でなく、マキエサは禁止されている場合が多いので要注意です。
・お昼を弁当を注文したいときは受付で注文しましょう。
*準備するものは上で紹介していますので、そちらを参照してください。

今回は、関東周辺で人気の湖いくつかだけ紹介しましたが、関東周辺でも他にもワカサギ釣りのできる湖や沼、ダム湖はあしますし、全国にはワカサギ釣りを楽しめる多くの釣り場があります。

ドーム船に対応しているところは限られていますが、レンタルボートや氷上の穴釣りできる場所など、これからも他の湖や沼を、いくつか紹介していきたいと思いますので参考にしてください。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

霞ヶ浦のワカサギ釣りの期間や仕掛けとポイント(場所)はコレ!
ワカサギ桟橋釣りの道具、仕掛け!宮沢湖、円良田湖、高滝湖、諏訪湖、余呉湖、豊田湖
釣り初心者のリールのつけ方と使い方!糸はコレでいい!
釣りの針やオモリやウキも種類あるし道糸やハリスは?初心者ならコレ!
釣りサビキカゴやサルカン種類あるけどドレ?水汲みバケツの使い方は?
釣りの八の字・ちちわ・釣り針結び、オキアミやアオイソメの付け方を習得!
ワカサギ釣りのボートでの道具と便利な物!十分防寒して芦ノ湖いかが?
季節の対象魚なら春夏秋冬は何?いつでも釣れる魚、危険な魚はコレ!
釣り初心者でも分り易い堤防つり教室でサビキやちょい投げとウキ釣りも!
釣り初心者はセット道具で海で実践、サビキが超簡単!予算これだけ!
ワカサギの岸釣りなら!のべ竿や投げ釣り、ウキ釣りも!
投げサビキ仕掛けのセット動画で投げ方も簡単!こんなのも釣れてる!
釣りの初心者ならのべ竿でこんな仕掛け!糸の結び方はコレ!
穴探り釣り動画で仕掛けや竿リールと釣り方のコツや釣れる魚も確認!
木崎湖のワカサギはドーム船やボートで釣果やポイント!夏でも爆釣有!

Menu

HOME

TOP