釣り初心者でも分り易い堤防つり教室でサビキやちょい投げとウキ釣りも!

今まで釣りの初心者向けの記事を何件か紹介してきましたが、文字のみで分りにくいのではないかと考えていました。

他のサイトから共有できる分り易い動画などが無いか探していましたが、ユーチューブに大手の釣具メーカーが作成した釣りの初心者でも非常に分り易い「釣りの初心者向け教室動画の堤防編」がありましたので、紹介してみたいと思います。

プロによる丁寧な説明と、アップ映像で初心者でも大変理解し易いと思います。

ユーチューブの動画は、他のサイトへの掲載が許可されている共有できる動画が多くあります。

このサイトに掲載している「釣りの初心者向け動画教室」もそのような共有が許可されている動画で、指定されている手法でこのサイトに掲載して紹介しています。

時間は57分と長いですが、リール竿を使った「サビキ釣り」「ちょい投げ釣り」「ウキ釣り」「ルアー釣り」の基本的なことが理解できるようになっています。

動画は、一度に全てを見る必要はありません。

「途中からの再生」や「前に戻っての部分的な繰り返し再生」の方法も紹介しています。

もちろん、大手の釣具メーカーなので紹介されている竿やリールはいいものですが、
・初心者としてはもっと安いセット物でもいいのではないかと思われる場合や
・私の経験でのコツや準備すると便利な物
なども併せて説明・紹介のコメントをのせています。

以前の記事と重複することがあるかもしれませんが、動画とともに読んでいただければと思います。

スポンサードリンク

釣り初心者向けの堤防での釣り!

下の動画にもありますが、堤防での釣りは初心者にも釣りやすい初心者向けの釣り場です。

その理由が、
1.足元が安定している釣り場
2.岸よりもある程度水深があるので、遠投しなくても釣れる。
3.ある程度水深があるので、回遊魚が堤防の近くまで廻ってくる。
4.岩場のスキマや穴に隠れている根魚なども堤防のヘリの足元でも釣れる。
  テトラや海底のコンクリートや敷石のスキマや穴は魚のいい隠れ場所です。
5.運がよければ大物(クロダイ、鯛など)が釣れることもある。

などなど堤防は初心者にも釣れやすい環境の釣り場です。

ただし、注意点もあります。
・公園が近くになければトイレが無い。
・コンビニなどトイレを事前に探しておく必要がある。
・釣り禁止の場所もありますので「釣り禁止場所」での釣りは控えましょう。
・海に落ちないよう気をつけましょう。(釣り用ライフジャケット着用なども)
・ゴミは持ち帰り、マキエサは水汲みバケツの海水で流して帰りましょう。
・釣り公園などと違い、準備する必要のあるものや準備しておくと便利な物は忘れないようにチェックしておきましょう。
・カラスやカモメ、ネコなどが近くにいる場合は、エサや釣った魚を取られる可能性がありますので気をつけましょう。
・テトラでの釣りは、足場が悪く危険ですので初心者はテトラに上っての釣りは控えましょう。
・他の釣り人や仕事をしている人のジャマにならないように気をつけましょう。
・釣れる釣り場は他の釣り人もいますので、投げ釣りなど危険が無いか確認してから投げましょう。

ルールを守って、釣りを楽しみましょう。

下の動画は釣具メーカーの動画なので、竿やリールはいいものを使用していますが、初心者だから最初はそれほどお金を掛けないで釣りを楽しみたいけど、すぐ壊れそうなのはイヤという人のためにチョッとアドバイスします。
・初心者は長い竿は扱いにくいのでリール竿なら、男性は3.6~4.0(~4.5)m、女性は2.8~3.6mが扱いやすいです。
 ただし、サビキ仕掛けは長いので子供が扱うとしても2.2mくらいの長さはあったほうが扱いやすいと思います。

・リールは、初心者の場合は3000円以上(投げ竿・リール・仕掛け)の竿にセットで付いてくるもので大丈夫です。(セット物で2000円未満だとサビたり故障しやすいのでおすすめしません)

・動画では、サビキ釣り用のリール竿と投げ釣り用の竿を分けていますが、初心者がセット物でそろえるならどちらも普通の投げ竿で大丈夫です。
 2本目3本目を揃えたいと思えるくらいに釣りに慣れてきたら竿の柔らかさや、調子などで使い分けると竿の値段は高くなりますが釣りやすくなります。

・出来たら柄が2段程度に伸びる値段の安いタモ網を準備しましょう。(思いのほか大物が釣れる可能性が堤防釣りにはあります)

・道糸はリールに巻かれているのでそのままでいいですが、普通は3~4号程度の太さのナイロン糸です。

釣り初心者でも分り易い動画教室!

釣りの初心者でも分かりやすい大手釣具メーカーの「釣りの初心者向け教室動画の堤防編」です。

1時間程度の動画になりますが、今までの視聴回数が167,000回以上視聴されているので人気の動画です。

「一度に見る時間が取れない」 とか、「あの部分だけもう一度確認したいけど、また最初から見るのは面倒」 とか、の場合に 「途中から再生」、「戻ってもう一度再生」する方法です。

・動画を再生します。
・動画の下に動画が進むにつれて右へ動いていくバー(未再生グレー、再生済みレッド)があるのを確認してください。
・再生中の動画の左下の一時停止をクリック(一時停止しなくても出来ますがあわてないために)して、カーソルをバーに合わせると手のひらカーソルに変わると同時に「その時点の画」と「何分何秒経過した時点か」が表示されます。
・途中から見たい場合は、画と経過時間で確認して希望の時間の少し前のところでクリックすると、そこから動画が(読み込み時間がかかりますが)スタートします。(スタートしない場合は、左下のスタートをクリック)
・戻って再度確認したい場合は、同じように巻き戻したい時間付近のバーにカーソルを合わせて、画と経過時間を確認して希望の時間の少し前のところをクリックすると、そこから再スタートして動画を見ることができます。(スタートしない場合は、左下のスタートをクリック)

●どのくらいの経過時間に、どのような内容になっているかの内容も動画の下にのせましたので参考にしてください。

▼釣具メーカー「シマノ」の初心者釣り教室[堤防編]動画

(2分20秒~)サビキ釣り(中層の魚:アジ、サバ、カワハギ、、小メジナなど)
  竿とリールの初心者が使いやすいのは!
  竿にセットされたサビキ仕掛けの全体像!
(3分45秒)
  竿へのリールのセット
  糸の竿への通し方
  糸とサルカンの結び方・・・竿、リール、糸、サルカンのセット実演
(7分58秒)
  竿の伸ばし方
  サビキ仕掛けのセット
  サビキの選び方・・・道具・仕掛けのセット完了
(11分46秒)
  釣り方の基本
  アミ海老コマセのセット(コツ)
  釣り方
  アジの釣り方のコツ
  アジ釣り実演
  釣れた魚のはずし方
(17分02秒)
  アミかごをはずしてアミ海老コマセを直接撒いて釣る方法
  魚のいる棚(水深)の合わせ方
(19分30秒)
  魚の大きさに合わせたオモリ
  サビキ仕掛けの五目釣り(サバ、カワハギ、ウマヅラハギなども)
(21分15秒)
  水汲みバケツ(バッカン)の使い方

(22分50秒~)ちょい投げ釣り(海底の魚:ハゼ、キス、カレイなど)
  投げ釣りの海底はこんなところ!
  ちょい投げの仕掛け全体像!
  ちょい投げの道具!
(25分14秒)
  竿へのリールのセット
  糸の竿への通し方
  糸とサルカンの結び方
  天秤の付け方、仕掛けの付け方・・・竿、リール~仕掛けのセット実演
(30分)
  釣る準備(竿を置く)
  エサの説明と付け方実演
  仕掛けの投げ方と注意点
  魚のアタリ
  虫エサが苦手な人の人工エサの使い方
(38分)
  手で竿を持ってアタリを待つ釣り方
  仕掛けを少しづつ引きながらアタリを待つ
  仕掛けが海底・海草に引っかかりそうに重い場合の対処
  仕掛けが海底の障害物に根がかりしたときの対処
  魚が釣れたときの対処・・・釣れている実演

(43分39秒~)ウキ釣り(少し難しい釣り方:クロダイ、メジナ、アジなど)
  ウキ釣りで難しいのはタナ(魚のいる水深)合わせ
  ウキ釣り仕掛けの全体像!
  ウキ仕掛けのセット~サルカン取り付け~針の取り付け
  エサの説明
  釣り方、合わせの説明
  竿や仕掛けの扱い方

(53分12秒~)ルアー釣り(疑似餌釣り)
  ルアー釣りの全体像!
  ルアーでの釣り方(対象:サバ実演)
  念のために2~3個ルアーを準備しておこう!

(55分40秒)
  堤防釣りの必需品の説明!
  堤防釣りの注意事項
  堤防釣りの楽しみ方

釣り初心者向けサビキ釣りのコツ!

ここでは、釣り初心者へ向けてのサビキ釣りについてのコツなど、思いついたことをランダムに紹介していきます。

・サビキ仕掛けの針の大きさは5~6号くらい。
 最初から25cm程度の大き目の魚を釣る目的以外は、針が大きすぎするとなかなか釣れにくいです。
 魚の大きさもそうですが、口の小さな魚への対応もあります。

スポンサードリンク

・魚をはずすときは、魚つかみトングで魚をつかむとはずしやすいです。
 特にアジの尻尾近くには硬いトゲトゲのウロコがあるので、釣れた魚がバタバタ暴れた状態で素手で魚をつかむとトゲトゲのウロコで怪我をしてしまいますので注意が必要です。(痛い思いを経験しました)
 ただし、魚をはずすとき(釣り専用の手袋以外)タオルや軍手を使うと、その布にサビキの針が引っかかってしまうことも少なくないのでタオルや軍手は使わないようにしましょう。
 サビキの小さい針が布に刺さると針にある返し(引っかかった魚が外れないようについています)でなかなか外すことがでずに針を折ってしまうこともあります。

・アミ海老のコマセを直接海に撒いて釣るときは、最初魚を寄せるために多めに撒きますが、魚が寄っている場合は一度に多く撒かないで少しづつ撒きましょう。

・アミ海老のコマセを使うときは、アミ海老に似せたピンクスキンのサビキ仕掛けが可能性として有利です。(ピンクスキン=アミ海老、サバ皮等キラキラ=幼魚)
 ただし、釣り場によっても違うので、できればピンクスキンサビキとサバ皮系サビキ両方持参するのが理想です。

・水汲みバケツとその他のバケツ
 堤防から海水をくみ上げる水汲みバケツ(バッカン)は1つでいいですが、そのほかに普通の安いバケツを2つ程度持参すると便利です。
 アミ海老コマセを溶かすバケツ(海水少々)、手洗い用バケツ(水道水を1Lボトルで持参)、釣った魚を一時的に入れるバケツ(海水:水汲みバケツバッカン使用)の計3つですが、そのうち1つは水汲みバケツです。
 手洗用を海水にしてもいいですが、乾くと粘つく感じがいやなので、私は2.7Lの焼酎の空きボトルに水道水を一杯入れて持参しています。(手洗い水が汚くなったら交換する)
 魚を直接クーラーボックスに入れる場合は魚用バケツは不用です。

・水汲みバケツを自作してみましょう。
 釣具屋で安くても1000円近くする水汲みバケツを100均を利用して安く自作してみましょう。
1)100均などの普通のバケツの取っ手に、100均のカラビナというねじ込んで外れない金具を付けてそのカラビナに荷造り用の(100均の)太いビニール紐(5~6m)をシッカリ結わえます(ビニール紐がバケツの取っ手を行き来できるように)。
 バケツの取っ手付け根の片方に10~20号程度の重さのナス型オモリ(代用品でも可)をしっかり結びます。
2)海水を汲む場合、バケツのオモリが下に、反対側の取っ手の付け根にカラビナ来るようにすると、バケツが斜めになって海面から海水を汲み上げることが出来ます。(海水がバケツに入るとその重さで、カラビナがバケツの取っ手中央に移動するので海水がバケツからこぼれません)
 バケツの大きさにもよりますが、もしも、自作した水汲みバケツの紐を持ってつるしてみてバケツが斜めにならない場合は、オモリの数を増やしてバランスを調整しましょう。(海水が入らないときはバケツが斜めになって、バケツに水が入ったときにバケツから水がこぼれない状態になるバランスにしましょう)
3)なお、カラビナをつけないで直接バケツの取っ手に結んでもいいですが、取っ手を結び目が行き来する結び方をしましょう。
4)また、バケツの取っ手付け根に付けるオモリは、石を網や布に包んで代用したり、工夫するとその分費用がかかりません。
★100均の折りたたみバケツ(取っ手付き)の場合は、材質が柔らかいので2ヶ所の取っ手付け根の間のバケツのヘリ中央付近に小さい穴を開けてにオモリを結わえましょう。
 この場合、カラビナは不要でビニール紐は取っ手中央に硬く縛り付けましょう。

・クーラーボックスに入れる氷
 クーラーボックスには氷が必須ですが、真水の氷に魚が直接触れると身が白くなって鮮度が落ちて美味しくないので、クーラーボックスに真水氷を入れて厚めのビニール袋2枚重ねを入れてそのビニール袋に釣れた魚を入れましょう。(生臭くないので後でクーラーボックスを洗うのが楽です)
 クラーボックス用の保冷材は魚の鮮度は落ちないのでそのまま使えますが、保冷時間が短い感じを受けますので、氷がおすすめです。
 (鮮魚店などで使用している特別な塩氷の場合は鮮度は落ちません)

 そのほか真水氷を厚めで穴の空いていないビニール袋に入れて口を固く結んでからクーラーボックスに入れて、それに水汲みバケツで汲み上げたキレイな海水を入れてクーラーボックスの海水を氷で低温にしておいて、釣れた魚を入れると活け締め効果もあります。(クーラーボックスがかなり生臭くなります)

 使う氷は製氷皿の小さい氷よりも、冷凍庫で大きめの氷を作ったほうが溶けにくく長持ちします。
 どれくらい氷を入れるかについては、クーラーボックスの保冷力にもよりますが、普通で容量の2割氷を入れますが、ほぼ2~3割程度で溶けにくい大き目の氷にしましょう。

釣り初心者向けちょい投げとウキ釣りのコツ!

ここでは、釣り初心者へ向けてのちょい投げ釣りとウキ釣りについてのコツなど、思いついたことをランダムに紹介していきます。

▼ちょい投げ釣り
・投げ釣りで、竿を置いて釣る場合の注意、三脚などの専用の竿置きがない場合は、長さ20cm程度の角材などのクッションを下に入れたり、クーラーボックスに立てかけると竿やリールに傷が付きにくいです。

・餌を付ける場合、素手だと元気のいい虫餌はなかなか針に付けにくいので、餌付け・釣った魚を掴む兼用のタオルか手ぬぐいを持っていくと便利です。(そのほか手拭専門タオルも持って行きましょう)
 サビキ仕掛けと違って、針が大きめなので、タオルなどの布を使って針が引っかかってもはずしやすいので、ぜひ釣り専用タオル2本程度を持って行きましょう。

・大きな魚が釣れる場合があるので、柄を伸ばせるタモ網を持っていくとあわてなくて済みます。
 本格的なものは高いので、柄が2段程度のものでタモがある程度の大きさなら何とかなります。
 魚をタモに入れて取り込む際は、魚の頭からタモに入れるようにします。(魚のシッポっから入れようとすると魚が前に逃げてタモに入りません)

▼ウキ釣り
・今回は円錐ウキですが、一般的には棒状のウキや丸いウキを浮きゴムで止めて水深を固定して使います。
 その場合ハリスを道糸に結んだあたりにウキに適合したオモリ(中通オモリ、がん玉、板オモリなど)を付けます。

・遠投投げウキや遠投投げサビキ釣りには、大き目の遊動ウキ(円錐、棒状などある)を使って、ウキ止めゴムとシモリ玉でウキの水深を決めます。
 沖に投げる遠投タイプの場合は、狙う水深が深い場合があるのですが、投げる際に浮き下が長いと投げづらくて遠投できません。
 ウキは道糸の一定範囲を遊ぶように移動(遊動:ウキの下が輪になっていて道糸がスルスル通ります)しますので、投げる時点では投げやすいようにウキ下が短く、投げた後海面に着水するとオモリの重さで道糸が引っ張られて、最初に決めておいたウキ止めゴムの水深でウキが止まることになります。
 こうすることで、遠投して竿の長さよりも深い水深でも狙うこともできます。

・ウキ釣りのエサで、オキアミ(大、中、小、極小サイズパックあり)は一般的ですが、エサを取られやすいので、アオイソメをハサミで3cmくらいに挟んで付けたり、対象魚によっては活きエサなど色々なエサをつけます。

・アミ海老コマセを針に刺すこともたまにありますが、予算的に大丈夫なら小か極小サイズの挿しエサオキアミパックの方が、針に刺す専用のエサなので針に付けやすく一般的です。

・ウキ釣りはウキが引っ張られることで食いついたと判断しますが、棒ウキなど食い上げというウキが急に浮き上がって寝てしまうことがありますので、その場合も合わせてみましょう。

・ウキ釣りは、エサを取られて逃げられるケースが多いので、その場合は針を小さくするなどの対応をしましょう。(魚によってエサを吸って吐いてを繰り返してエサだけ取られます)
 魚が見えるなら、ウキが引っ張られるタイムラグを無くするために、海中に針のエサが白く見えますので、魚が近づいてきて白いエサが消えたように見えたら(魚の口の中)合わせてみましょう。
 後で目は非常に疲れますが、ウキを見て釣るよりもウキが引っ張られるタイムラグが無いので逃げられる確立が格段に低くなり数が釣れます。

まとめ

釣りの初心者の方には、今まで文字だけでの説明でしたが、やはりこのような動画で確認すると理解し易いのではないでしょうか。

これからも、リール釣り以外に他のサイトへの掲載が許可されている初心者向けの分り易い釣り動画がありましたら紹介していきたいと思っています。

最後に、この動画を見た後、実際に釣りに行かれる前に、道具を揃えたら動画を見ながら「一時停止」や「戻って再度見る」などを使用して実際に道具へのセットなど家でできる事を事前に実践されることをおすすめします。

そうすることで、実際の釣り場でアタフタすることなく、順調に準備ができることでしょう。

*釣り場ごと釣果、潮(タイドグラフ)、風、天気、魚図鑑、自分の釣果記録などのスマホアプリを(2016.9)紹介しました。(多くは無料アプリです)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

釣り餌の代用タダで手に入る変わったものとかない?どんな魚が釣れる?
のべ竿仕掛けの付け方や作り方と初心者はアジウキ釣り動画で事前確認!
ワカサギ釣りの値段はいくら人気の山中湖や諏訪湖と大沼はどれくらい?
ワカサギ仕掛けやエサとブドウ虫の付け方のコツと誘いや外し方を動画で!
投げサビキ仕掛けのセット動画で投げ方も簡単!こんなのも釣れてる!
釣りサビキカゴやサルカン種類あるけどドレ?水汲みバケツの使い方は?
波止釣り初心者のためのちょい投げやサビキの動画こんな大物も?
釣りの初心者が子供と一緒なら?教室で!海釣り公園!?防波堤は?アジ!
入鹿池のワカサギはレンタルボートでポイントはココ釣果はコレ!
釣り初心者のリールのつけ方と使い方!糸はコレでいい!
釣りをするなら魚の針の外し方を憶えてから!針外し習得すると便利!
霞ヶ浦のワカサギ釣りの期間や仕掛けとポイント(場所)はコレ!
釣りの針やオモリやウキも種類あるし道糸やハリスは?初心者ならコレ!
釣りの八の字・ちちわ・釣り針結び、オキアミやアオイソメの付け方を習得!
釣りのリールの使い方投げ方のコツと潮で釣れる時間?竿リールは洗う!

Menu

HOME

TOP